-AKIRA-

08 10, 2013
AKIRA_01.jpg

1988年に公開されたアニメ映画。
原作者は大友克洋。この映画の監督でもある。

3年という時間、10億円という大金で制作された。
まさに血と汗と涙の結晶といえる作品。

2019年、東京湾の上に構築されたネオ東京。
超高層ビルが乱立し、道にはゴミが溢れている。
車に火炎瓶を投げつけ、鉄パイプで首をはねる。
ドラッグやセックスで溢れかえっている。
自然も此処には見当たらない。
そんな閉塞感のある都市に、未来はあるのだろうか?

AKIRA_04.jpg

バイク集団のリーダー金田。そのメンバーの一人である鉄雄
この二人は孤児院からの長い付き合い。
泣き虫である鉄雄を、金田は守ってきた。
青ざめた顔の少年との衝突事故をきっかけに、鉄雄は超能力に目覚める。

行き詰まりのネオ東京を再生する鍵である「アキラ」という存在。
軍事機密でもあるそれに、金田と鉄雄は巻き込まれていく…。

AKIRA_02.jpg

物語の舞台である「ネオ東京」この超巨大都市の表現が凄まじい。
現代のビルの何倍も大きいであろう建物。
賑やかなのに、どこか空虚に感じるネオン。
細部まで描かれた摩天楼。
独特なBGMも相まって、AKIRAという独自の世界観が表現されている。

冒頭のバイクシーンは凄くワクワクする。
バイクが走行した後の、光の軌跡が残っていく表現は堪らない。
やっとモーターのコイルがあったまってきたところだぜ!

AKIRA_03.jpg

暴力表現が躊躇なく描かれているので、幼少期の子供に鑑賞させるのは危険。
小学3年生の頃に、AKIRAで一番のグロテスクシーンを見てしまった。
当時はそれで激しいトラウマを抱えた。それがAKIRAとの出会い。

バイクがカッコいい。老人みたいな子供が気持ち悪い。
ネオ東京のスケールが半端ない。物が壊れる表現がスゴイ。
…といった感じで、常に驚きながら観ることができる。
AKIRAはそういう鑑賞の仕方でも楽しめると思う。

AKIRA_05.jpeg

セル画は大好物。特にAKIRAは緻密に作られているので鼻息が荒くなる。
現代のアニメはデジタル制作だから、こういう作品が貴重になってくる。

デジタルアニメでも「作画すげえええ」と感動する作品がある。
鉄コン筋クリート、マクロスプラス、エウレカセブンAO、宇宙戦艦ヤマト2199とか…。
独特の表現で勝負しているのが、四畳半神話大系や惡の華。

作画で感動してしまうアニメを観るのが好き。
これからもアニメは進化していくのだろうか?
それが楽しみ。







スポンサーサイト



0 CommentsPosted in 映画

-シムシティ スクリーンショット集-

06 10, 2013
SimCity_SS_00.jpg

シムシティで撮ったスクリーンショットを集めてみた。
綺麗な景色を探しながらプレイすると楽しさが増していく。

1.
SimCity_SS_01.jpg

2.
SimCity_SS_02.jpg

3.
SimCity_SS_03.jpg

4.
SimCity_SS_04.jpg

5.
SimCity_SS_05.jpg

6.
SimCity_SS_06.jpg

7.
SimCity_SS_07.jpg

8.
SimCity_SS_08.jpg

9.
SimCity_SS_09.jpg

10.
SimCity_SS_10.jpg

11.
SimCity_SS_11.jpg

12.
SimCity_SS_12.jpg

13.
SimCity_SS_13.jpg

14.
SimCity_SS_14.jpg

15.
SimCity_SS_15.jpg

16.
SimCity_SS_16.jpg

17.
SimCity_SS_17.jpg

18.
SimCity_SS_18.jpg

19.
SimCity_SS_19.jpg

20.
SimCity_SS_20.jpg

21.
SimCity_SS_21.jpg

22.
SimCity_SS_22.jpg

23.
SimCity_SS_23.jpg

24.
SimCity_SS_24.jpg

25.
SimCity_SS_25.jpg

26.
SimCity_SS_26.jpg

27.
SimCity_SS_27.jpg

28.
SimCity_SS_28.jpg

29.
SimCity_SS_29.jpg

30.
SimCity_SS_30.jpg

ほんの一部分だけを紹介したスクリーンショット集。
シムシティには、もっと綺麗なスクリーンショットを撮れる可能性を秘めている。

このゲームに限らず、EAのDLCは高いという不満点がある。
スケート3というスケボーゲームがあるのだが、DLCの追加マップ1つで700円もする。
正直に言うと、ちょっとこれは高い…。
しかし、EAから発売されるゲームのクオリティはどれも素晴らしく高い。
シムシティでそれを再確認できた。

スクリーンショットを撮ってるうちに、一眼レフカメラが欲しくなってきた。




-シムシティ-

05 20, 2013
SimCity_00.jpg

シムシティシリーズの第6作目。
エレクトロニック・アーツが2013年3月7日に発売。
前作のシムシティ4から10年ぶりの最新作である。

公式サイト:シムシティ

・美しいミニチュア世界。
・市長になって、自分の街を創れる。
・分かりやすいシミュレーション情報。
マルチプレイに対応。協力して街を発展させよう!
・バグが満載!ユーザーは激怒!

やあ、僕は市長!
まっさらな大地から始まる物語!
ニューヨークを超える大都会を目指すよ!

SimCity_01.jpg

まずは住宅地区を作って人々を呼びこもう。
人がいて、家があって、資源があって、豊かな社会があるのだ。
引越しトラックが来たり、建築の様子を見ることができる。

SimCity_02.jpg

生活する上で欠かせないもの…。それは「」だ!
地下水が多い場所に、水のポンプ場を設置した。
汚染された地下水に注意。病人だらけの街になってしまう。

SimCity_03.jpg

もう一つ大事なものがある…。それは「電力」だ!
エコを意識して、風力発電所を設置した。
自然の力だけで電力を生み出せる。
素晴らしい時代だ。

SimCity_04.jpg

街が発展してきたようだ。
商業地区を作って人々の幸福度を上げよう。
色々な店がオープンして、人通りが多くなってきた。

SimCity_05.jpg

人口が多くなるにつれて、人々は「働く場所がない!」と喚くようになった。
工業地区を作って雇用を活性化させよう。
大気汚染が発生してしまうが仕方ない。
ニートが増えるよりマシだ。

SimCity_06.jpg

病院の隣に公園を設置してみた。
人々は大喜びして、周辺の土地の価値が上がった。
地価が上がると金持ちが引越してくるようになる。

SimCity_07.jpg

大変だー!火事だー!
消防車がすぐに駆けつけてくれた。
早く消火しないと、周りの建物にも火が移ってしまう。
放火する犯罪者もいるので注意。警察にパトロールしてもらおう。

SimCity_08.jpg

自由の女神像を設置。これでニューヨークに一歩近づいた。
観光の街・カジノの街・石油王の街・犯罪者の街など…、
どんな都市に特化させるかを考えるのが楽しい。
色々な都市を開発していくにつれ、利益を上げるノウハウが身につくのだ。

SimCity_09.jpg

実際に操作する画面はこんな感じ。
シンプルで分かりやすいユーザインタフェース。
目的の都市に近づけるために、データを活用していこう。

SimCity_10.jpg

シリーズ初のマルチプレイ!
各々の街が互いに影響し合い、街が発展していく。
チャット機能もあるので、意思の疎通を図ることができる。

SimCity_11.jpg

綺麗な景色に、お洒落な建築物
街を眺めているだけでも楽しい。
ミニチュアのような世界は可愛くて癒される!

SimCity_12.jpg

名前なら知っていたが、実際にシムシティを遊んでみるのは初めてだ。
シムシティ(2013)から、シリーズ初の完全な3Dグラフィックになった。

自分はこの魅力的な世界観に惹かれてしまった。
癒し効果抜群のミニチュア世界は、ずっと眺めていても飽きない。
3Dになったことで、自分と同じような新規が増えたことは確かだろう。

現実でもシムシティのように、人々が動きまわって世界が発展していく。
自分もその中の一部分だと、少しばかり実感できる。

街が成長していく姿を眺めているだけで時間が過ぎていく。
自分だけの箱庭世界を堪能できる。

素晴らしいゲームの一つになった。







-Need For Speed Most Wanted-

04 25, 2013
NFSMW_01.jpg

Criterion Gamesが開発。
エレクトロニック・アーツが2012年11月15日に発売。

公式サイト:Need For Speed Most Wanted

特徴
・広大なオープンワールドを超高級スポーツカーで走り回る!
・迫力のあるパトカーとのカーチェイス!
・10台のライバルカーとレースして、モスト・ウォンテッド(最重要指名手配)を目指せ!
・いつでもお祭り気分が味わえるオンラインマルチプレイ!

とにかく表現力が凄まじいこのゲーム。
街の隅々まで探索したいオープンワールドなのだ。
アクセルを緩めて、のんびり気ままなドライブをするのも良し!

NFSMW_02.jpg

実在する車を乗り回すことができる。
BMW・Mercedes-Benz・アウディ・ポルシェ・ランボルギーニなどの高級車を運転して、
お金持ち気分になろう!

NFSMW_03.jpeg

レースとレースの間はシームレスになっている。
レースが終われば、そのままドライブに移行。
ロード画面というストレスが無く、継続的にスピード感を味わうことが出来るのだ。

NFSMW_04.jpg

レース前にはセンス溢れるムービーが流れる。
もちろんスキップ可能。

NFSMW_05.jpg   NFSMW_06.jpg
NFSMW_12.jpg   NFSMW_13.jpg

パトカーとのカーチェイスが楽しい。
初めてプレイした時は、パトカーの大群から逃げ切るのに30分ほどかかった。
しかし、プレイするうちに操作に慣れてきたり、道路や抜け道を覚えていくので、
上達を実感することが出来る。

NFSMW_07.jpg

カーチェイスをしているうちに、マシンが見るも無残な姿に…。

NFSMW_08.jpg

こういうときは修理屋を通過するだけで大丈夫。
ボディーカラーも変更されて、心機一転でドライブができる。

NFSMW_09.jpg

マシンをグレードアップするにはレースに勝利しなければならない。
レースに勝って標準モッドを手に入れたら、
それぞれの目標を完了することによってプロ・モッドがアンロックされる。

NFSMW_10.jpg

スピードレベル(SL)”というものがあり、
プレイ中の様々な行動で得られる”スピードポイント”で上げていくことが出来る。
SLが高いほど、オンラインプレイで新しい車種が使えるようになっていく。

スピードポイントが与えられる条件はいくつもあるので、普通にプレイしているだけでどんどん貯まる。
オンラインで他のプレイヤーの高いスピードポイントを見ていると、自分もポイントを増やしたくなってウズウズする。
スピードポイントは、ドラゴンボールで例えると戦闘力だ。
いつか「私のスピードポイントは5300万です」と言ってみたいものだ。
これも楽しい要素の一つだ。

NFSMW_11.jpg

「ドリフトシティ」というオンラインレーシングゲームをご存知だろうか?
基本無料のオンラインゲームなのだが、これもいわゆる箱庭レースゲームだ。
コミック調のグラフィックで簡単にスピード感が味わえる。
ドリフトシティに半年くらいハマった覚えがある。

過去にやったドリフトシティのプレイ画面を思い浮かべて、ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッドと比べてみると、
超美麗なグラフィックで箱庭レースゲームがプレイ出来るようになったということに凄く感動している。

…と共に、時間の流れを感じた。







-カールじいさんの空飛ぶ家-

04 10, 2013
up_1.jpg

2009年にピクサー・アニメーション・スタジオから公開されたアニメ映画。

キャッチコピー
・愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。
・いくつになっても、旅に出る理由がある。

愛する妻エリーと同じ夢である伝説の滝”パラダイス・フォール”へ行きたい。
ハラハラドキドキの冒険をしたい。憧れの冒険家のようになりたい。

夢に思いを馳せながら、夫婦で人生を共に歩んでいた。
夢のために貯金をするが、車がパンクしたり、ケガをしたり、台風で家が壊れかけたり…。
なかなかお金はたまらない。だけど二人で乗り越えていけば大丈夫。
長い時間が過ぎていくが、たくさんの思い出が貯金されていく。
そして、最愛の妻が先立っていく…。

一人残されたカールじいさんは、妻との思い出を大事に抱える。
二人の夢を叶えるため、たくさんの風船を家に結びつけ、冒険の旅に出るのであった。

up_2.jpg

とにかく涙腺を刺激される作品。
CGアニメで表現されるユーモアも必見だ。
心温まるストーリーが見たいときはオススメである。

黙っていられない子供、いつまでも着いてくる鳥、機械で喋れるようになった犬。
愉快な子どもたちだが、夢を叶えるためには時間が惜しい。
カールじいさんは迷惑そうでした。
しかし、本当に大切なものは?

目標に向かって進むとき、どのような道にするかは自分次第。
どんなことをしても、ひたすら目標のために進んでいくか…。
たとえ遠回りしても、それを受け入れ、楽しんで進んでいくか…。
カールじいさんは常に2つの選択に悩まされながら、風船の家を背負って歩いていました。

別れというものは悲しいだけのものなのだろうか?
新しい冒険をする際に、大事なことは何か?

夢を実現できないことは苦しいとは限らない。
夢を実現したとしても幸せとは限らない。

そういうことを教えてくれる作品。

up_3.jpg

ピクサーの想像力には驚かされる。
風船で家ごと飛ばす。オモチャが動いて喋る。
車だけが生活する町。動作だけで愛を伝えるロボット。
オバケが人間を驚かしてエネルギーを得る会社。
ゲームのキャラクターが画面の中で生活している。
いろいろな作品にテーマがあり、卓越したユーモアを見せて、ストレートに思いを伝えていく。

まだまだ新しい作品を生み出していくピクサー。
アイデアが尽きることは無いのだろうか?
いつまでも心の中にしまっておきたい作品ばかりなのだ。

自分はピクサーの映画が好きだ。







0 CommentsPosted in 映画
Access
Calendar
Profile

ミゾレレ


・名前:ミゾレレ
・タイプ:こおり / でんき
・とくせい:のろわれボディ

・ブログPR
 面白いと感じたもの
 プレイしたゲーム
 購入したアイテム
 …などを紹介します

New
Category
Archive

2013年 08月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【5件】

My Link
Link
Twitter
Amazon.co.jp
Best GAME
Best COMIC
Best BOOK
New Item